カテゴリー
FreeBSD

ZFSスナップショット機能を試す

概要

ZFSのスナップショット機能を試してみます。基本的には以下4つだけ覚えればそこそこ使えるようになると思います。

  • スナップショットを取得
  • スナップショット一覧を表示
  • スナップショットへロールバック
  • スナップショットを削除

コマンド

スナップショットを取得

データストア名@スナップショット名 を指定してスナップショットを取得する。 -r オプションを指定すると依存するデータストアも辿ってくれる。実行は瞬時に終了する。

zfs snapshot -r zroot@some-snapshot-name

スナップショット一覧を表示

データストア名@スナップショット名 の形式で一覧表示される。

zfs list -t snapshot

スナップショットへロールバック

-r オプションを指定すると、2世代以上遡った場合に新しいスナップショットを削除する。

zfs rollback zroot@some-snapshot-name

スナップショットを削除

-r オプションを指定すると依存するスナップショットも削除する。

zfs destroy -r zroot@some-snapshot-name

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA