カテゴリー
FreeBSD

Xorgをインストールする

概要

FreeBSDをデスクトップ環境として普段遣いしたいので、Intel HD Graphicsを使えるようにした上で、XorgをインストールしてGUI環境を設定する。普段はawesomeを使っているので、インストールして使えるようにする。

目次

  • Intel HD Graphicsを有効化する
  • Xorgのインストール
  • awesomeをインストール
  • ターミナルのBellを無効化する

Intel HD Graphicsを有効化する

FreeBSDでもDRM用のドライバが存在している。入れない手はない。

sudo pkg install drm-kmod

インストールできたら、 /etc/rc.conf に以下を追記して、起動時にドライバがロードされるよう設定しておく。

kld_list="/boot/modules/i915kms.ko"

この時点で再起動すると、ターミナルの解像度が上がっている。

drm-kmodインストール前。
drm-kmodインストール後。

Xorgのインストール

Xorgは次のコマンドでインストールする。twmやxtermも一緒にインストールされる。xf86-video-intelとかパッケージがあるのでインストールしたくなるが、drm-kmodを入れた時点で追加の必要はないらしい。

sudo pkg install xorg

/dev/dri へのアクセス権を付与するため、ユーザをvideoグループに追加する。

sudo pw groupmod video -m tnakajima

そのままではXが終了した後、画面が真っ暗になってターミナルに戻ってこないので、 /boot/loader.conf に以下を追記する。

kern.vty=vt

OS再起動後、ログインしてstartxを叩くとGUIが立ち上がる。

twmが立ち上がったところ。左側のターミナルを閉じるとXが終了する。

awesomeをインストール

普段Linuxではウィンドウマネージャはawesomeを使っているので、FreeBSDでも入れて使ってみる。

sudo pkg install awesome

インストールができたら、 .xinitrc を準備して startx すると立ち上がる。ここまでくるとLinuxと使い勝手はあまり変わらない。

echo 'exec /usr/local/bin/awesome' > ~/.xinitrc
startx
awesomeが立ち上がったところ。

ターミナルのBellを無効化する

Xが立ち上がった状態でターミナルを立ち上げてBackspace叩くと音が鳴るが、不要なので鳴らないようにする。.xinitrcに以下を記載しておく。

xset -b

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA