カテゴリー
FreeBSD

M75q-1にFreeBSD 13.0-CURRENTを入れる

概要

以前に注文していたThinkCentre M75q-1 Tinyが手元に届いたので、予定通りFreeBSDをインストールした。到着後、FreeBSD 12.1を入れようとしたところ、drm-kmodの現行バージョンがRyzen 5のVega Graphicsに対応していなかったらしく、Xが起動できずにいた。FreeBSDのForumを覗いたところ、Ryzen 3系のCPUが載ったラップトップのインストール記録に行き着き、FreeBSD 13とdrm-devel-kmodの組み合わせでインストールできる情報を得た。記載の通りFreeBSD 13.0-CURRENTとdrm-devel-kmodの組み合わせでXが上がった。

目次

  • M75q-1の構成
  • drm-devel-kmodの導入
  • まとめ

M75q-1の構成

手元に届いてから、次の変更を加えた。

  • M.2 2242 NVMe SSD を取り外した。
  • ADATAのSSDを取り付けた。
  • 8GBx1枚→2枚構成にメモリを増設した。
  • FreeBSD 13.0-CURRENTをZFS構成でインストールした。

その結果、最終的な構成は次のようになった。FreeBSDのインストール自体は詰まるところもなくスムーズに進み、再起動後正常にOSが起動した。

CPUAMD Ryzen 5 PRO 3400GE w/ Radeon Vega Graphics
(3293.88-MHz K8-class CPU)
RAMDDR4-2666 8GB SODIMM x 2枚
DISKADATA SU650 (120GB SSD)
NETWORKRealTek 8168/8111 B/C/CP/D/DP/E/F/G PCIe Gigabit Ethernet
OSFreeBSD 13.0-CURRENT
現在稼働中のM75q-1のハードウェア構成

drm-devel-kmodの導入

まずは、drm-devel-kmodをインストールした。コミットログを確認すると、5.0.g20200507からVega 3がサポートされている。ちなみにdrm-kmodをインストールしてもバージョンがまだ4.x系なので動作しない。

sudo pkg install drm-devel-kmod

インストール後、 /etc/rc.conf に以下を記載する。

kld_list="amdgpu"

/boot/loader.conf にも以下を記載しておく。

kern.vty=vt

設定後、OSを再起動すると、高解像度で上がってくる。その後、以前の記事を参照してXorgをインストールし、問題なく起動した。

まとめ

新しいVega Graphicsが載ったCPUでXorgを上げるには、5.0.g20200507以降のバージョンのdrm-devel-kmodを導入する必要がある。FreeBSD 12.1-RELEASEではdrm-kmodが4.x系で適当なバージョンが選択できなかった。FreeBSD 13.0-CURRENTでdrm-devel-kmodをインストールし、無事Xが起動した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA